EarEffect 

IoTサウンドチューニングソフトウェア

『これで一音も聴き逃すことはない、
ヘッドホン・イヤホンはもっと輝ける。』

特許を申請し2022年6月登場 月額800円

272147132_331301432208538_8612969789701418657_n.png
EarEffect0130 (1).png

GENESISから全く新しい発想のソフトウェアの登場です。その名も「EarEffect」。ドイツにおけるW杯公式曲への参加をはじめとした世界的なマスタリングスタジオとしてのノウハウを際限なく詰め込み、各デバイスの能力を極限まで磨き上げるシステムを提唱します。GENESIS Infinityヘッドホンとの親和性と共に他社製ヘッドホン・イヤホンへも積極的にプリセットを提供し、各ジャンルに向けEQのみでなくステレオイメージやコンプレッションなど、多くのオーディオアルゴリズムをプリセット内に凝縮させ、革新的なIoTサウンドチューニングシステムは構成されています。

初期リリースにおいては、iOS / Androidなどのモバイル端末向けにアプリケーションが提供され、ユーザーは月額800円のサブスクリプションにて30種を超えるモデル・プリセットに加えて、毎月のアップデートにより追加される新たなプリセットを無制限に使用することが可能です。また、城下工業のSoundWarriorとカーオーディオメーカー(後日発表)に向けた公式プリセットも提供予定で、ヘッドホン・イヤホンのみならず、車載オーディオやBluetoothスピーカーにも対応します。

EarEffectは、SPL国際公式エンドーサー他、15社もの国際エンドースメント契約をもつマスタリングエンジニア古屋博敏の世界的なノウハウから導き出された、独自のアルゴリズムを用いるサウンドチューニングシステムで、接続する各デバイス・ジャンルに最適化されたプリセット(特許出願中)を通じてデバイスのポテンシャルを最大限に引き出すソリューションです。

またバックグラウンドで動作するアプリケーションとして提供され、ユーザーは音楽ストリーミングサービスや映像配信サービス、ゲームアプリなどと組み合わせ、EarEffectのプリセットを使用することが可能です。更にメジャーアップデートにて通話音声を聞き取りやすくする「Talk Mode」を提供予定で、音楽・映像視聴のみならず、会議やオペレーションなどのビジネスシーンにおける使用も想定した開発を進めています。PC版やスマートTV版についても開発計画が既に決定しています。

​ユーザーはEarEffectにより提供されるプリセットを使用しての音楽視聴はもちろんのこと、プリセットを起点として、Boom Algorithm(低音域の調整機能)とAttitude(音の明瞭度の調整機能)を使用して更に好みの音質へカスタマイズすることが可能です。音楽では主にクラシック、イージーリスニング、ポップス、ロック、メタル、R&B、ファンク。そして映画においては、MARVELやUniversalなど制作会社による違いをリカバリーするとともに、ゲームモードにおいてRPGやレースなど種類別に最適化されたプリセットを用意し、音を使用するあらゆるシチュエーションにてご使用いただけます。